Windows 7における「XPモード」について

Windows 7 RC日本語版のダウンロードは完了した。後はインストールするだけだが。
世間ではWindows 7上での「XPモード」について議論が飛び交っている。

 

  • コンシューマ向け機能
  • 一部のIntel、AMDプロセッサが未対応。※メーカーは正規版発売までに対応すると発表
  • 標準装備では無く、ダウンロードして使う
  • CPUは1つしか割り当てられない

 

などなど。
しかし皆さん。
肝心な事を忘れていませんか?
仮想上で動くOS「Windows XP」は動作が遅いはずです。※未確認だが
Windows 7本体より、早く動くはずが無い。※未確認だが
そう、未確認だがMSのVirtual PCと同じ思想の元での機能ならば動作が遅くなるはずだ。
そこまでしてWindows 7を導入する必要はあるだろうか?
実際に管理人は仮想化ソフトを使っていろんな環境の元でテストをしている。
その時に痛烈に感じるのは鈍い動作だ。
長くやっていると、嫌気がさしてくる。
Windows 7はWindows 7として使うべきだと思う。

 「XPモード」に頼るのは、業務効率の低下を招くと予測する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA