Windows 10へWindows 7/8.1は無償アップデート可能:発売後1年間 (イヤ、まだ出来る!)

米Microsoft は現地時間 2015年1月21日、Windows 10 発売後から 1年間 は

  • Windows 7 ユーザー
  • Windows 8.1 ユーザー
  • Windows Phone 8.1 ユーザー
    ※Phone 8.1は日本では未発売、搭載端末も未発売
      
  • 対象外有り:Windows 7 Enterprise と Windows 8.1 Enterprise

 

無償アップデートを可能とすると発表した。

詳細な方法は現時点では不明。

Windows 10 の普及を一気に押し上げようとの戦略と予想している。

 

但し、だからと言ってWindows 10 が今までのハードウェアで動作するとの保証は無いと予想しれいる。

過去にWindows 7 へアップグレードするときもMicrosftから「ハードウェア・ソフトウエアの互換性」に関する事前チェックが提供されている。

今回も同じようなアップグレード時のトラブルを避けるために、事前チェック・ソフトが提供されるのでは無いかと勝手に予想している。

それに既に「Windows 10 Technical Preview」でのアップグレードには「PCがアップグレード可能かどうかのチェック」機能が付いている。

 

「Windows 10の無償アップデート」はまだ出来ます。

 

2018年2月10日時点での情報です。

「Windows 10の無償アップデート」期限は既に終了しました。しかし、Microsoftのダウンロード環境等はそのまま残っているみたいです。しかも最新版のWindows 10がダウンロード出来ます。(出来ました。

Windows 7 、Windows 8、8.1の方はアップグレードをお試しください。詳細は時間が出来次第、アップする予定です。

Windows 8、8.1は未確認ですが、Windows 7 Ultimate 64bit をWindows 10 Pro 64bitへ、2018年2月10日頃に無事にアップグレードが出来ました。手順は無料のときとはチョットだけ違いますが、特に問題なく「無償アップグレード」と同じ扱いです。
Windows Updateも問題なく出来、現在も問題なくPCを使用しています。

Windows 7 、Windows 8、8.1の方はご検討する価値は十分に有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA